<< コミケ冬の陣その3〜後編 コミケ冬の陣その2 >>
コミケ冬の陣その3~前編
最近新たに『やる気のゼロ地点突破』を習得しました、エスです。こんにちは。
『やる気のゼロ地点突破』とは、やる気が極限までなくなった状態から、
「もう意地でもやる気なんて出すか!」とやる気のベクトルが真逆に発揮されることで発現する、
某家庭教師も真っ青の必殺技です。

…ハイ、どうでもいいですね。次行きましょう、次。



結局コミケ2日目の夜は寝る暇がありませんでした。
前回のBlogに書いたようなメンバーの足並みの乱れや、
3日目のサークルチェックと役割分担についての相談に加えて、
1、2日目の待機列の状況にビビってしまい、もとい不測の事態にも対応できるように、
いつもよりさらに早くホテルを出ることにしたからです。

その甲斐あって、3日間の中では一番の好位置につけることができました。
しかし早めにビックサイトに行けば行くほど、そこでの待ち時間は増えるわけでして…。
長時間座ってても寒いだけなので、数人の友人とビックサイトから西の方、
テニスコートがある公園のさらに向こうのガラ空きのコンビニまでテクテク歩き、
カップラーメンやら何やらで体を温めました。

みんなトイレもコンビニも近場で済ませようとするけど、
公園の方はトイレも空いてるし、コンビニも並ばず買えるので重宝しています。
多少歩く時間は必要になりますが、列に並ぶのと違い時間が計算できるので、
特にトイレに時間のかかる女性参加者にはオススメです。
…まぁ一番の穴場トイレはゆりかもめの改札内(´ー`)
始発が動いた後、駅員さんがイイ人等の条件が揃えば、
「トイレ利用させていただいてもよろしいですか?」の一言で、
近場でしかも空いてる快適トイレを使うことができます。お試しあれ。

そんな小慣れた感じで、比較的眠気を感じることもなく、
とうとう待機列の移動が開始する時間が迫ってきました。
その時、まるで戦地の難民キャンプで親を見失った子供のような、いい歳の大人が。
「あのー…、私の荷物が見当たらないんですけどぉ…、心当たりのある方いませんかー…!」
と言いながら、自分たちの列のあたりをウロウロし始めましたw
「お前みたいなのがいるからオタクが誤解されるんだ」的な、
仕草とか口調からして…まぁ…、そんな感じの痛い人でした。
どうやら彼は自分の荷物を置いて待機列から離れていたようで、
列移動に備えて皆が立ち上がった際、置いた場所がわからなくなったようでした。
刻一刻と列移動の時刻が迫る中、彼の哀れな姿は加速度的にパワーアップ!
終いには一緒に探してくれている親切な人の後ろを半べそでついていくだけの状態www
とりあえず親切な人の努力の結果、無事荷物は見つかったようです。
ここまでの過程よりも、さっきまでべそかいてた哀れな彼が、
見つかった後何事もなかったかの表情で並んでいたことの方が数倍笑えました(´ω`)w



ぁ…、まだ入場もしてないのに、時間がなくなってしまった…。
次の講義に備えて昼食を摂取しなければならないので、この辺で失礼します!
[PR]
by es_kiss | 2009-01-20 12:36 | 雑記
<< コミケ冬の陣その3〜後編 コミケ冬の陣その2 >>